2010年03月04日

トルマリン・ピンクトルマリンの勾玉

勾玉・トルマリン・ピンクトルマリン

スポンサードリンク


トルマリンの名称はスリランカのシンハリ語「turmali」に由来しています。
加熱すると結晶の両端に プラスとマイナスの電極が生じるので、「電気石」と呼ばれ半永久的に陰イオン(マイナスイオン)と 遠赤外線を放射すると言われ、人気のパワーストーンです。
ピンクトルマリンは情熱に火を灯すと言われています。人生に深い絶望感を抱き自らの命を断ちかねない 時には葛藤や不安を緩和し建設的な方向へと誘う作用があると伝えられています。
ブラックトルマリンは別名はショールトルマリン。
トルマリンの中でも鉄分を多く含んでいる為、黒く発色する石です。希望の光をもたらし、 暗闇に打ち勝つ力を授けてくれると言われています。
恋人との別離、仕事のトラブルなど苦しい状況に陥った時、前進する勇気を与えてくれると伝えられて います。
ちなみに表面には大理石の特徴と同じキズ模様という一見傷に見える斑点模様などがあり、 玉が大きくなればなるほど顕著な特徴となります。
 ウォーターメロンは中でも特に珍しいトルマリンとして珍重されています。


2,700円

7,875 円

1,814 円

2,138 円

540 円

1,296 円

550 円

ピンクトルマリン
7,344 円


ピンクトルマリンの勾玉の一覧へ

トルマリンの勾玉のトップへ

勾玉のトップページへ


 

posted by magatama at 11:02| 勾玉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。